マウスピース矯正のアンフィット(浮き上がり現象)について|【公式】練馬加藤矯正歯科|練馬駅徒歩1分|練馬区の矯正歯科医院

〒176-0001東京都練馬区練馬1丁目5−4 MIビル2F
Tel.03-6915-8895
WEB予約 コラム
ヘッダー画像

歯列矯正コラム

マウスピース矯正のアンフィット(浮き上がり現象)について|【公式】練馬加藤矯正歯科|練馬駅徒歩1分|練馬区の矯正歯科医院

マウスピース矯正のアンフィット(浮き上がり現象)について

治療計画通りに動いている歯と、動きが遅い歯や困難な移動となる歯(挺出・捻転・歯体移動)が矯正治療中に存在することにより

一部の歯に対してマウスピースがフィットせず浮き上がってしまうこと(アンフィッティング)がございます。

このような場合、歯の動きに応じた樹脂できたボタン(アタッチメント)を装着したり

エラスティックというゴムを掛けたりと、様々なツールを併用すること練馬区の矯正歯科・練馬加藤矯正歯科ではマウスピースが浮き上がらないように工夫をしております。

また、患者様がマウスピースをつけない時間が長かったりすると当然、動かしていた歯が後戻りをしてしまい、その結果として装着していたマウスピースとの適合が悪くなっていることも想定されます。患者様には装着時間の徹底をお願いできればと存じます。